すぐ加入できて最安な車の保険とは

すぐに加入できる自動車保険に最安で加入したい

自動車保険にすぐ加入しなきゃ!

理由が様々あるかと思うが、すぐに最短で自動車保険に加入しなければならない状況だが、保険料は最安でおさえたい…といった経済観念のしっかりしたユーザーさんもいるかと思う。

 

多くのユーザーさんの場合、すぐに加入しなければ…と慌ててしまい、保険料や補償内容が二の次になってしまう事実を考えれば、むしろその冷静さは非常に大切。

 

そこで、最短で加入する事と最安で加入できる事の、バランスのとれた保険会社選びが問題になってくるかと思う。

 

加藤の経験上、どうしても当日中に加入〜適用となる保険会社は保険料の割高な代理店型保険会社になってくるため、最安の保険料とは程遠いものとなってしまうから、個人的にはお勧めしたくない。

 

もし明日から適用という条件でも構わないならば、数多くのダイレクト型自動車保険の中から、最短の保険会社を選ぶというのがもっともバランスの良い自動車保険選びといえるかと思うな。

 

もちろん今日中に保険会社を決定し、WEB上から申込み〜決済までは行なっておくことが最低条件にはなってくるが…。

 

最安のダイレクト型自動車保険を選ぶ場合、20社近くから自分で今日中に選ぶのは不可能だろうから、無料の一括見積りサイトで2つ3つに絞り込むのが手っ取り早いかもしれないな。

 

↓すぐに加入できる自動車保険選びなら…↓

一括見積り紹介

 

もちろん無料の一括見積りサイトひとつでも、約20社の保険会社から自分にとってピッタリの保険会社を選んでもらえるので十分といえるかもしれない。

 

しかし遠藤としては、念のため2つ以上の無料の一括見積りサイトに申込むことをお勧めしておきたい。

 

というのもね。

 

各無料一括見積りサイトで、提携保険会社も違えば、対応保険会社も違ってくるから…。同じような提携保険会社に感じるが、不思議といくつかの一括見積りを行なうと対応保険会社が違った結果が戻ってくる。

 

たしかに1つ2つは重複する保険会社もでてくるだろう、しかし一社でも多くの見積もりを比較する事で最安の保険料の会社が見つかる確率がアップする。

 

そんな意味でも、面倒くさがらずに念のため2つの無料一括見積りサイトでは申し込んでおくべきかもしれないな。

本当に今日中に加入しなければならない…場合

自動車保険にすぐ加入しなきゃ!

自動車保険にすぐに加入しなければならない!といった方の中にも、追い込まれた状況という方もいれば、できれば最短で加入したい…といったライトな感じの方もいるかと思う。

 

何らかの仕事の都合によって、絶対に今日中に運転しなくてはならない…なんて人もいるかと思うが、そういった方の場合、残念ながら最安の保険料といった部分は犠牲にしなければならない。

 

最短で最安、といった両面を完璧にクリアしている保険会社は、遠藤が調べてみたが残念ながら存在しないといえる。つまり保険料の面は妥協しなくてはならない。

 

通常、今日中ということはネット上の決済では不可能だろうから、直接保険代理店の窓口や担当者と契約を締結する必要がでてくる。そして決済が終われば補償内容も適用されるということになる。

 

しかし最近話題のダイレクト型保険会社の安い保険料を知ってしまうと、そういった従来の代理店型の保険会社は非常に保険料が高いような気がするのは加藤だけではないはず…。

 

もし今日中の運転を先延ばしできる理由があれば、格安のダイレクト型保険会社の保険料と比較して検討してもらいたい、違いに驚くはずだから。

 

最短で加入したい気持ちもわかるが、年間の保険料の差額次第ではダイレクト型も比較検討してみる…といった柔軟な姿勢も賢いドライバーには必要だといえるだろうね。

ダイレクト型は格安だが、適用までの期間に注意しておく

自動車保険にすぐ加入しなきゃ!

すぐに車の保険に加入する場合、もっとも気になる部分というのは、補償が適用開始となるタイミングだといえるだろうね。

 

最短の保険会社なら即日、反対にダイレクト型で適用のタイミングが遅い保険会社であれば、1週間先になるというケースも珍しくない。

 

なので保険料や補償内容だけに注目してしまった結果、補償の適用開始のタイミングを見落としてしまうと大変な事態になりかねない…細心の注意を払っておきたい。

 

そもそも保険会社によって規定や基準が違うために、自動車保険そのものが共通していない部分が多いために、こういった事態になってしまうのだが、公式サイトの説明がユーザーにとってわかりづらいというのが1番の理由だと遠藤は感じている。

 

そもそも膨大な規定や規約を、一般ユーザーがすべてに目を通すことは到底不可能なこと。つまり各公式サイトからでは自分に合った保険会社を選ぶなんて事実上、不可能に近いともいえるからね。

 

となると、一括見積りサイト等の無料で利用できるサービスを活用するのが、ユーザーにとって失敗しない自動車保険選びの基本となってくるのかもしれないな。

保険スクエアbang!の一括見積もり

保険スクエアbang!の概要

保険bang!公式


この手の一括見積りサイトの老舗ともいえる大手のウェブクルーが運営する保険スクエアbang!は提携保険会社の量・質から考えても最初に申し込んでおくべきサイトのひとつ。

また一括見積りサイト内で、自分の条件の対応保険会社を一覧で比較できるために、対応保険会社が多い場合は非常に見やすく比較しやすい。

加藤が利用して感じた保険スクエアbang!の正直な感想

すぐに加入したいのだが…

過去に何度も利用して実感しているのは、、保険スクエアbang!の申込みフォームはわかりやすくシンプルとうこと。
だから初めての無料一括見積りという人でも迷わず入力できると思うな。

さらに、申込みが完了してからの対応保険会社の反応も早い。とくに急いで加入したい…といった人であれば、その部分は非常に重要な基準だからね。

ほとんどは1時間以内に見積もりが戻ってくるだろうから、当日中に申込み〜決済まで完了したい人にとってもスピード重視は嬉しいことだね。

>>保険スクエアbang!の提携保険会社はこちら


自動車保険一括見積もり/インズウェブ

インズウェブの概要

インズウェブ公式


大手のダイレクト保険会社であるSBI損保が運営するインズウェブは、保険スクエアbang!と同レベルかそれ以上の提携保険会社数、そして格安な提携保険会社が多いという特徴をもっている一括見積りサイト。

そもそも運営元がダイレクト型保険会社の中でも最安と評判のSBI損保という事が関係しているのか、周りの保険会社も同レベルの安い保険会社が多いと評判でもある。

加藤が利用して感じたインズウェブの正直な感想

すぐに加入したいのだが…

そもそもの提携保険会社数が違うのか、毎回、保険スクエアbang!に比べて対応保険会社がひとつ2つ多いというのがインズウェブのイメージ。
とくに運営元であるSBI損保と安さで勝負できるような、保険料の安さが自慢の保険会社をおさえているのか、安い見積もりが多いという部分は見逃せない。

保険スクエアbang!と同時に申し込んでおくべき一括見積りサイトだと思うよ。

>>インズウェブの提携保険会社はこちら

すぐ加入できて最安な車の保険とは関連ページ

ネットから自動車保険にすぐに申込む
今すぐ車の保険に加入したい…最短で自動車保険に入りたい…といった自動車保険選びの中でもネット申込みについて詳しく解説しています
すぐにサンデードライバー向けの自動車保険に加入
今すぐ車の保険に加入したい…最短で自動車保険に入りたい…といった自動車保険選びの中でもサンデードライバー向けの保険について詳しく解説しています
軽自動車の車の保険に今すぐ加入する
今すぐ車の保険に加入したい…最短で自動車保険に入りたい…といった自動車保険中でも軽自動車の車の保険選びについて詳しく解説しています
最短で自動車保険に加入したい!即日加入の任意保険
すぐに、最短で車の保険に加入したい方にお勧めの自動車保険選びをわかりやすく解説しています